07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
PROFILE

kaco

Author:kaco
中居さんを筆頭にSMAPを何かと気にする日々。
詳しいプロフィールはコチラ♡
twitter→@kaco_log

THE LATEST

COMMENT

TRACKBACK

ARCHIVE

CATEGORIES

MESSAGE

管理人へのメッセージはこちらからお願い致します★

RANKING

RSS

♡Mr.S オススメ記事♡

♥GIFT of SMAPオススメ記事♥

#タグ

SMAP ナカイ Mr.S 書き起こし サムガ SMAP×SMAP 27時間テレビ レポ ナカイの窓 つとぷ スマウタ セットリスト 雑誌 日替わり曲 キムラ サタスマ ワイドナショー 

SEARCH

VISITOR

リンク

Mr.Sを聴くの巻

2014.09.02 22:48|Mr.S 2014
Mr.S、無事お持ち帰りしました。聴きました。というわけで、今回もさっそく全曲レビューいってみよー!

Mr.S
Disc 1 Mr.S (colorful)
1.Theme of Mr.S (colorful ver.)  
作曲・編曲:太田 健

この間のブログで、宝塚の音楽を手掛けている方だと書きましたが、宝塚もさることながら、慎吾君のオーシャンズ11の音楽も手掛けているんだって!この間知りました。
何でも慎吾くんが舞台の稽古中の頃から「作ってくださいね」と頼んでいたとか。
オープニングに相応しい壮大なミュージック。
Theme ofシリーズは毎回楽しみです。これで100万人規模のツアーの幕が開けるのだと思うと、鳥肌ぶわわ。


2.Mr.S -SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-  
作詞:麻生哲朗 作曲・編曲:市川喜康・マシコタツロウ・ha-j

アルバムMr.Sのリード曲。この曲はメンバーのラジオやキャンペーンなんかで結構かかってましたし、一足先にMVも公開されてましたよね。
わたしはCDで聴くまでは絶対フライングすまい!と頑張っておりまして。しかしMVは我慢できなくて見ちゃったけど(見たんかい)、改めてCDでそんでヘッドホンで聴くと、これは…!
市川さんのSMAP作品と言えばオレンジやDawnに代表されるようにバラードってイメージがすごく強かったけれど、こういう少しジャジーでちょっと昔っぽいというか歌謡曲っぽいというか、こういう系もすごくいい!
アレンジがすごくカッコよくてステージ映えするだろうなと今からめちゃくちゃ楽しみです。
1番、2番、間奏があってつよぽんから始まるCメロ(でいいのかな)のメロディラインと、その後の中居さんのところの歌と重なるリズムのアレンジがたまらなく好きです。
あと、コーラスの入り具合もオシャレ!この曲は終わり方がたまりません。

3.無我夢中なLIFE 
作詞:木村友威 作曲:和田昌哉・妻夫木崇次 編曲:中西亮輔

ザ・ライブ感満載。「サマゲ開いたよー!」って雰囲気大爆発の曲。最初のコーラスなんてもうまさに、ですよね。
今回のテーマやTheme of~の曲の感じやMr.Sの雰囲気からして、少しシックに大人っぽく始まったかと思いきや、突然照明がぱぁっと明るくなって「はじまるよー!」ってなるんじゃないかなぁと、この曲を聴いて思いました。
一気にハッピーなムードに包まれる、あのドーム独特の雰囲気をいとも簡単に想像できるような曲です。
慎吾君はミュージカルをやったからかどうかわかりませんが、歌がすごく変わった気がします。高音の伸びとか。この曲のブリッジを聴いて特に思いました。

4.藍色のGANG  
作詞・作曲・編曲:和田 唱

つよぽんのソロ。
ぷっすまのギターマンでお世話になりまくりのTRICERATOPSの和田さん作詞作曲編曲、そして演奏はなんとトライセラ!豪華すぎます。トライセラだいすきなわたしにとっては二度おいしい展開。
しかもコーラスもワダショ!ワダショの声がつよぽんと重なってCDから聴こえる…(泣)。
ちょっとアメリカンな雰囲気漂うこの曲で、テンガロンハットでデッカイアコギ持ってデニム履いてるつよぽん(笑)が想像されるんだけど、果たしてライブではどうだろう。
コレはつよぽん、ギター弾くんだよね?弾くんだよね?
林さんのウッドベースが効いてて、いいなぁ♡ 
トライセラのライブにつよぽんが出たから、どこかのタイミングでトライセラも出たらいいのに~。







5.アマノジャク  
作詞・作曲:川谷絵音 編曲:鈴木Daichi秀行

ハイ、来ました。来ましたよ。
Mr.S、いろんな曲が17曲も詰まっていますが、わたし的1位はこの曲です。
もうほんっとにすばらしい。アレンジの鈴木Daichi秀行さんのオシャレアレンジもステキすぎるんだけど、ゲスの極み乙女、川谷絵音。なんだこのあふれ出る才能は。
彼は他アーティストに楽曲を提供するのは今回が初めてらしいのですが、このアマノジャクとDisc2の好きよの2曲が採用されています。
慎吾くんはパワスプでもっと入れたかったって言ってたから、まだ彼の曲は他にもあったのだろうと推測します。
他の曲もぜひ聴いてみたいなぁ。この2曲だけでも、まったく異なる2つの顔をSMAPは作ることができたわけで。
この速いテンポと、耳に心地よく残る美しいメロディライン、激しいピアノとブンブンなるベース、大サビの四つ打ち、そしてなによりSMAPがずっとユニゾンというのがいいです。
そして一番気になるのは、この曲、踊る…のか??ということ。




6.One Chance!  
作詞・作曲:森山直太朗・御徒町 凧 編曲:清水俊也

木村さんソロ。
直太朗くんがHEROにゲスト出演した際に木村さんから曲を書いてほしいと依頼をしてできた曲だとインタビューで読みました。
歌詞がまた、まるで木村さんのことを歌ってるんじゃないかって思うようなまっすぐな内容で、レコーディングをしながら感極まったという木村さんの気持ちがひしひしと伝わるようでした。
歌い方も何もかもザ・木村。木村さんのための曲だわほんとに。
前回の時も弾き語りだったけれど、今回はどうなんだろう。

7.Joy!!  
作詞・作曲:津野米咲 編曲:菅野よう子

アルバムの歌詞カードを見ていてふと思ったのですが、そうだよ、SMAPのシングルって作詞作曲編曲のクレジットはあるのに、それ以外の演奏者のクレジットって書いてないですよね?いつからだ?
このアルバムでギターを弾いていたのが津野ちゃんだと知りました。
あと、コーラスの小田原南中学校3年2組ってなんだ!?と思ったらそうだ、カスカノの生徒さんたちか。すっかり忘れて、どうやって選ばれたんだろうとしばし考え込んでしまいましたw
Joy!!はいろんな演出のJoy!!をいろんな番組で見てきましたが、ライブでは一体どんな形になるのか。同じようにダンサーを使うのか、はたまたまったく違った形で見せるのか。わくわく。

8.DaDaDaDa  
作詞・作曲:さかいゆう 編曲:宗像仁志

さかいゆうさんはシングルYes We Areも書いてくれていますが、この曲は歌詞にもあるけど四つ打ちのブラックミュージックっぽいアレンジでYes We Areとはまったく毛色の違う曲です。
歌ってるのもつよぽんとゴロちゃんという、意外にも初めてのコンビ。
演出は慎吾くんがやるのかなぁ。この曲をふたりでどんなふうに歌うんだろう。ノリノリゴロちゃん、期待してますよ。

9.ビートフルデイ  
作詞:大竹創作 作曲:☆Taku Takahashi 編曲:Mitsunori Ikeda & ☆Taku Takahashi

いろんなところで木村さんが言ってるガシャガシャしている曲ってこの曲を指してますか?
すげーいいです!
完全にライブを意識して作ってるだろうなと思わせる、メンバーそれぞれのシャウトがあったり、ここでメンバーとお客さんとのコールアンドレスポンスでしょ?っていう部分が多々あったり、終始お祭り色全開!
サンバ隊出てくる気配がすごくしますw
m-floのTaku Takahashiさんの名前があるので、こういう感じかな?っていうのを想像してたんですが、ぜんぜん違ってました。
あとやっぱり大竹さんの詞ってオモシロイです。
中居さんが歌ってみんなが重なっていく部分の歌詞、中居さんが作詞した?って錯覚するほど中居さんが歌ったらナチュラルでした。ありがとうございます。←

Disc 2 Mr.S (monochrome)
1.よわいとこ  
作詞・作曲:広沢タダシ 編曲:本間昭光

アルバムの楽曲提供者が発表になった時、曲を聴くのがいちばん楽しみだったのが、この曲です。
広沢タダシさんは好きで、いくつか聴いたことがるアーティスト。骨太のバラードを書くイメージがあって、スマが歌うとどんな化学反応を起こすのだろうとすごく楽しみでした。
歌っているのは木村&吾郎さんコンビ。
鳥肌立ちました。吾郎ちゃんの優しい声にもピッタリだし、木村さんの力強い声にもピッタリ合うから不思議。まったく違うふたりの良さが喧嘩せずうまく合わさってこんなに沁みるなんて。




2.やりたい放題  
作詞・作曲:大竹創作 編曲:CHOKKAKU

シャレオツもDisc1のビートフルデイも大竹さんは作詞で参加してくれていますが、大竹さんの作曲って実は初めてですよね?
8ビートなこととか、このちょっと速いテンポ、リズムの音なんかがちょっと80年、90年代のJPOPみたいな感じがして、大竹さんって歌詞だけじゃなく、メロディもやっぱりこういう感じが好きなんだ!と思いました。
乙三ってまだ聴いたことないのですが、そういう雰囲気のバンドなのかな…?
最後のサビのリズムを刻むところなんてもう定番な感じで盛り上がりますよね、聴いている方としては♪

3.Mistake!(アルバム・ヴァージョン)  
作詞:いしわたり淳治 作曲:HIKARI 編曲:川嶋可能

最初何の曲が始まったのかと思いました。びっくり!ほんとアレンジで歌ってこんなに変わるんだなぁ…。
シングルの雰囲気をまったくなくし、鍵盤やホーンを入れて全然違うものにしてるし、四つ打ちがいいなぁ。すいません、わたし四つ打ち大好きなので、今回四つ打ちの曲が結構あってほくほくしています。
ライブではこっちかな。こっちなのかなぁ。シングルの大人な雰囲気ばっちりのキメキメSMAPも見たいけどねぇ。こっちはこっちで気になりますよね。

4.SKINAIRO  
作詞:SALU 作曲:Taka "North Pole" Nakamoto 編曲:Taka "North Pole" Nakamoto / MANABOON

慎吾くんのソロ。
ソロのことを考えている時に偶然に2度SALUさんを目にして、この偶然を活かして曲をお願いしたと慎吾くんが言っていました。27歳の彼に27年の思いを書いてもらったら、27年のSMAPにリンクするところもあった、と。
コーラスはSALUさん自身がしてくれていて、彼の声が重なることでさらにオシャレに仕上がってます。
ソロは思いっきりガラッと趣向を変えて、5人ではやりにくい楽曲を選んだことは(ただの私の推測だけど)、慎吾くんらしいなぁと思いました。

5.The Future  
作詞:Leo Imai 作曲・編曲:Koji Nakamura・森 俊之

わたしは完全に見落としていました。ここに懺悔します。
Koji Nakamuraってナカコーじゃないですか!ナカコーのサウンドじゃないですか!(大声)
これはそりゃカッコいいはずだわ。
声に掛かったエフェクトとか、アレンジの音の感じが、プラネタリウムみたいなシンプルな光の下、キラキラした空間で歌っているSMAPを想像させます。
果たしてわたしの予感はあっているのか。どうしよう、色とりどりのど派手な照明だったらw

6.Dramatic Starlight  
作詞・作曲:TK 編曲:CMJK

吾郎ちゃんのソロ。
吾郎ちゃんがここにきて新境地開拓ですか、というくらいのダンスビートを歌っております。
踊るの!?踊っちゃう!?
これもちょっとメロディラインが昔のJPOPっていう雰囲気がありますよね。特にサビの四つ打ち(これも!)、シンセサイザーっぽい音、いいなぁ。吾郎ちゃんどんな演出にするのー?

7.好きよ  
作詞・作曲:川谷絵音 編曲:鈴木Daichi秀行

Mr.Sとこの好きよは発売前からラジオでは流れてましたよね。Twitterでやばいやばいというツイートを見ては、聞きたい気持ちをぐっとこらえて我慢した甲斐がありました。はい、やばいです。
慎吾くん、やっぱミュージカル効果出てるよね。ダニーがいる。
この曲をユニゾンじゃなくソロ回しにしたのはすばらしいアイデアだと!誰が出したか決めたか存じませんがありがとうございます。
な、中居さん。これをあなたはどんな顔で歌うのでしょうか。ソロないんだからかわいい顔で歌いなさいよ←

8.Theme of Mr.S (monochrome ver.)  
作曲・編曲:太田 健

70年代のアメリカの映画音楽のような、8mmフィルムの世界を思わせる、ちょっと籠った音のアレンジの部分がモノクロームを意識しているのでしょうか。
音質がクリアになった時にcolorfulな部分が現れて、またモノクロームになって消えてゆく、という。
colorful ver.がオープニングならば、このmonochrome ver.はどこで使われるのか、早くライブで見てみたいです。



というわけでざっくりではありますが、初聴きの感想はこんな感じになりました。
かなり好きな感じです。毎回言ってるかもしれないけど、今回かなり好きです。

そうそう、トータルプランニングはBIRDMANからずーっと手掛けて下さっているTUGBOATの多田琢さん。今年も名前がありました。
そしてアートディレクターはSmapからのSAMURAIの佐藤可士和さん。
今回のプロモーションのひとつとして、タワレコなど大型CDショップ等でSMAP新聞なるものが配布されている(地方にもあるのかは謎)らしいです。
「こういうの配りますよ~」って告知して配布しないところが、ファンだけに向けた広告じゃない感がしますよねぇ。
つーか、現物見たいけど!!(地方住みの嘆き)

関連記事


web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

タグ:SMAP,Mr.S,

コメント

非公開コメント