08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
PROFILE

kaco

Author:kaco
中居さんを筆頭にSMAPを何かと気にする日々。
詳しいプロフィールはコチラ♡
twitter→@kaco_log

THE LATEST

COMMENT

TRACKBACK

ARCHIVE

CATEGORIES

MESSAGE

管理人へのメッセージはこちらからお願い致します★

RANKING

RSS

♡Mr.S オススメ記事♡

♥GIFT of SMAPオススメ記事♥

#タグ

SMAP ナカイ Mr.S 書き起こし サムガ SMAP×SMAP 27時間テレビ レポ ナカイの窓 つとぷ スマウタ セットリスト 雑誌 日替わり曲 キムラ サタスマ ワイドナショー 

SEARCH

VISITOR

リンク

「キムタク」が好きだ!

2014.09.24 18:56|KIMURA
闘いの日は、とつぜんやって来るものです。

あれは、いつだったか…。
面白おかしく書き立てたことはわかっていたし、決して鵜呑みにしたわけでもないし、誰に何を言われようと木村拓哉は木村拓哉なのです。それはゆるぎない。
ただ、木村拓哉を知らずして、キムタク批判をする輩はほんっとーに解せない。
そういうことにはちょっぴりムキになってしまう自分がいることも、確かです。ハイ。

当時、その記事を読んだときに、自分なりに思ったのは、たぶん監督は「安易に有名な人の名前を並べるプロデューサー陣に苦言を呈した」のだろう、ってこと。
あと、単純に、映画界から追放しろって言われるほど映画出てませんけども!とは思いました、ハイ。
スターってそこまで映画出てなくても映画界背負わなきゃならないんだなー(棒読み)ってね。

…そして。
こういうのは忘れた頃にやってくるものですね、いつのときも。
何年かの時を経て、とつぜん、戦いの火ぶたが落とされました。
舞台はビストロSMAPの厨房で。

中居バーサス園子温。


先週の予告のときからドキドキしていました。…いや、むしろわくわくしてたっていうほうが正しいかも。
酔った勢いではあるだろうけれど、
「俺100人だったら相手出来る」
「10人が突っかかって来ても、俺絶対SMAP守れる」
と言った我らがリーダー中居正広が、自分がそれだけ守る価値があると判断したSMAPのエースを傷つけた(どんな理由であれ)相手を、どんな風に“もてなす”のか。
ただそれだけが楽しみでした。

その程度だったのに、まさかまさかの。
中居さんが思いっきりあからさまにSMAPの先頭に立って牙向くとは!←
…あれ。…言い過ぎ?(笑) いやもう私にはそう見えた!


その日、上段で行われるゲストとのトークのときからすでに攻撃的だった…ように思うんだけどなぁ。どうです?みなさん。
それは監督が演者にあまり演出をつけないと言ったときのこと。

中居「僕は監督の指示がないと何もできないです」
鈴木「そうなんですか?」
中居「だから園監督の作品に出させてもらったら、無理かもしれない」

そこで監督はちょっと言葉を選びながら、人による、ケースバイケースだ、と答えてるけれど、わたしはこの時すでに中居さんの斜めからの分かりにくい(ことを装った)攻撃なんじゃないかとドキドキしたんです。
遠まわしに、自分とあなたは交われない、と言っているような気がして。
いつも中居さんは役者としての自己評価はとても厳しいし、謙遜やリップサービスで、役者としてまだまだだから、監督の要望には応えられない、というそのままのストレートな意味合いで言ったのかもしれないけど、いつもならそういう言い方をしないんじゃないかなぁと、その時ふと思ったりして。

とにかく!攻めてる。今日のリーダーはいつもと違う!って最初に思ったのはこのとき。

そこからのリーダーの怒涛の攻撃は、もう言うまでもないよね。


監督がどうしても木村さんに謝りたい、と。
キムタクを追放しろ!と言ったことになっているけど、ほんとうは言っていないという監督に、中居さんが一言。

「木村が怒るかもしれないけど俺もイライラしてますよ」

(゚∀゚) 

リーダー!!

分かりやすい愛情出してきたー!

ここでガッツポーズしたのは私だけじゃないよね。よし、行けーーー!!って心の中で叫んだと同時に、今日のリーダーはやってくれる、と確信しましたよね。

ここから、カンペを確認したのかスタッフと何かを確認したのかはわからないけれど、チラッとそちら側を見た時の冷徹な目ったらない!!ひぃ!

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!

そしてさらに追い打ちをかけるように追放しろのくだりをもう一度監督に言わせて、さらに自分は「よくスマスマ来れましたね」と言い捨て、さらに「監督はスッキリしてるかもしれないけど、SMAP全員スッキリしてない」と追い打ちをかける。

……輝いてる( ;∀;)
リーダー、いつも輝いてるけど今日はいつもよりも数倍輝いてます。後光が射しています。
そして舌好調です。

中居さんが大切に大切にしている城に、あからさまに泥を塗るようなことをする人は、こういう目に合うんだと…んもーすっごく楽しかった!(*'▽')
テレビを見ていたファンも、ここまでやってくれた中居さんのおかげで、完全にとは言わないけれど、そこそこスッキリしたって人多いだろうし、何よりリーダー様の愛情表現にキャーキャーなりましたよねねねねね!


そして、わたしは中居さんのこともさることながら、今日は木村さんについて特筆すべきだと思っています。
木村拓哉様の態度、ですよね。ほんとにステキな人だなぁと改めて。惚れ惚れしました。
人格者だなぁと思って。
木村さんは終始、表情を崩すことなく…確かに固い表情ではあったけれど、ムッとした顔というよりは、なんで?っていう顔。
だまって監督の話を聞いて笑うところは笑って、監督の新作はちゃんと観ていてなおかつ褒めるという合わせ技。
…いや、技じゃないな。この人にとってそれは打算ではなく、もっとずっとずっとシンプルで素直な感情。
聞きたいから聞く。観たいから観る。そう思ったから言う。
ホントにシンプル。
しかもおいしい料理作って食べさせて、最後に握手求めてさ。
なんて人なの。
愛くるしいよ。もう。脳内でOne Chance!が流れてもう涙出そうだよ。

だからね、こんな素直な人に対して風当たり強いの許せないのよ、わたし。これは監督云々じゃなくて、もっと広い意味で。

木村さんはそれを受け止めて、受け入れた上でキムタクをやっているとは百も承知ですけど、でもね、なんかこう…王道を褒めると“あなた分かってないね”的な風潮ありますよね?
例えば、好きな俳優とか映画、音楽、ファッション。
何が好き?って聴かれて、いわゆる王道を答えたら、ミーハーかよ!みたいな。そういう風潮。
ただ王道を行くってすごく大変だからね!言っとくけど!
フォロワーが多い人を好きだって言うのがなんかよくない、みたいなの、ほんと、マジでそっちのほうがダサいしもういいよって思う。

「いわゆるヒットチャートに載るような音楽聴かないんですよー」って言う人もほんと、もうだから何?いちいち言わなくてよくない?って思っちゃう。
それってね、その音楽を褒めてるわけじゃなくて、王道じゃないところを掘り下げて、こんなオシャレなことやってるんですよ、僕!っていうただの自己自慢だもん。ダセーーーーー!!超ダセェ!

たしかに埋もれてるものってたっくさんある。
売れないのおかしいって思うこともあるし、テレビ、雑誌、ラジオなんかで取り沙汰されるものばかりがすべてだとは思いませんよ。
だからと言って、前線で頑張っている人を叩くことで、「自分はちょっと他と視点違うんだぜ」ってアピールするの、ほんとうにダサいからやめた方がいいですよって話。
自己陶酔に浸ってんじゃないよ、ってね。まったく。

だから声を大にして言うよ。
わたし、SMAP大好き!
いつだって全力の木村拓哉が大好きだよ。
木村拓哉とそのファンを思って牙をむくリーダーも大好きだし、
すこしでも場を和ませようと大きなリアクションを取って笑う慎吾くんも大好きで、
木村さんを気遣いながら中居さんの動向を見守るゴロちゃんも、つよぽんも、ほんと大好き。

記事書くマスコミの人も、ちゃんと内容のあることを書いてくださいよね。
キムタクって固有名詞が強すぎるがゆえ、キムタクを使ってメジャーを批判するのもほんっとやめてほしい
それってフェアじゃないよ。せめてキムタクのこと知ってからにしてよ。
木村さん、タップしちゃうんだから。SMAPって文字見つけると。
苛めないで下さいよ、もう。まじでそういうの、超ダサいから!!!(゚д゚)クワッ



web拍手 by FC2
スポンサーサイト

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

タグ:SMAP,SMAP×SMAP,ナカイ,キムラ,つとぷ,

Mr.S レポ 9/13 京セラドーム

2014.09.22 17:56|Mr.S 2014
なんですか、MCはつとぷで回すってのが今ツアーの決まりなのですか?\(^o^)/
つとぷ大好物のわたしにとっては嬉しい限りでござーます。

この日はバクステ真正面でひっくり返りそうになりました。
手の届きそうな場所にスマップ!ひゃー。
もう何度行ったかわからないSMAPのライブだけど、毎回見るたびに「SMAPって実在するんだなぁ」って本当に思うんだよね(真顔)。

では偏りまくりのレポ…という名の覚え書き…いや殴り書きです。

Mr.S SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR
9/13 京セラドーム

↓↓↓

※詳しい流れは9/12のレポをご覧ください。


\箇条書きにて失礼いたします!/

【ライブ全体的なところのメモφ(..)】

・AD。メインステージに広がって歌うポジションから、中央にあつまってくるところで、ひとり遅れるつよぽんを、中居さんがくいくいっと呼ぶ仕草にはげしく萌!!


・きょうも「ばーんばーんばーん!しゅびしゅびしゅびしゅびばっかー」を歌う中居さん。

・木村さん鼻声…(´・ω・`) でも振り絞ってた。高い音が出づらいみたいで、ヒカルのところでハッピーバースデーの高音のところ。声が飛んじゃってたな。

・ココカラ大サビ、今日もスマに囲まれて歌えないつよぽん。

・今日も「稲垣って名字の半分は~」でゴロちゃんに邪魔される慎吾。

・序盤のトロッコに乗るところで、木村&つよぽんがカメラで客席撮ったりお互い撮ったり自撮り(!)したりかわいいかわいいかわいい!

・日替わりは連敗続きのThis is love、ゲストは西内まりあちゃんでCan't Stop-LOVING- キャーキャーキャー!(*'▽')

・This is loveになって、曲頭ざわつく5人。

・西内まりあちゃんとドラマの撮影中、遊びでよく踊ってたという慎吾くん。
「遊びだけどゴロちゃんの200倍上手いから!」

・ゲストが西内まりあちゃんなのを受けて。
中居「メンバーみんな今日すっげー喋るね。若い子だから、みんな喋るね!」

・C5は「にゃーあーにーー!」(=^ω^=) 中居さんはゴロニャーゴ(猫が顔洗うしぐさ)付きで悶絶。

・コントコーナー
香取→カニ蔵
草彅→新入りの巨人
吾郎→CCBゴロー
木村→ホストマンブルースヒカル
中居→するめ
城島くんのうちわを取り出し「飲みすぎないようにね」。\いやあなたもね!/

・アンコール、それぞれがトロッコに乗るところ。着替えから戻るつよぽんを待つ中居さん。つよぽんが出てくる穴を上から覗き、つよぽんがもう出てくるよってことを確認して、つよぽんを指さしさっさとトロッコに向かって歩く仕事人。覗いてるその後ろ姿がなんとも可愛かった…♡

・ビートフルデイ小部屋。
中居さんのぽんぽんにオデキ発見。\(^o^)/

・ビートフルデイ。最後アリーナを歩くとき、中居さん内ポケットにサングラス予備持参。
スタンド一列目の子供っちにサングラスをプレゼントしたあと、内ポケットから予備を出してまたかけてたのを双眼鏡からガン見!w


【MC】
※かなりざっくりです。ニュアンスで受け取って下さいね!
大阪なのにHey HeyじゃなくてThis is loveが選ばれた…!
木村「みんな頼むよ~。Hey Hey おおきに毎度ありだと思ってた。あえてみんなThis is love選んだんじゃないの?」
慎吾「This is loveが選ばれない空気になって来てて、みんなが練習しなくなる中、俺はしてたの。実は。でも、今日はじめてやらなかったの!そしたら選ばれた!」
木村「俺は不本意だけど60点だよ…」
慎吾「大丈夫だよ!木村君の60点は吾郎ちゃんの120点だから!」
吾郎「ちょっと!なにさっきから!西内まりあちゃんのときも俺の200倍上手いって言ったり!」



ゴロちゃんにバンバカの自分のパートを歌われると文句を言う慎吾くん。
木村「でもさ、それはあるところだけど、本来ないところで…イントロとコーダーでなんか聞こえねぇ?

木村!いいフリだぞ!!\(^o^)/

中居「ここ、出るんだって。みんな見える?」
お客さん「見えるー\(^o^)/」
木村「声そっくりだった」
中居「なに?宗教?」
木村「お客さんを宗教って言うな!w」
中居「なんか楽しくなってきちゃって。俺前半歌うとこ少ないんだもん。探してたら見つけた!って。みんなあそこ歌いたかったでしょ?」←得意

木村「Amazingでもなんかさ、こうやって(拳掲げる仕草)るやついるよね」

そう!わたし12日もこれ、気になってたんだよ!

吾郎「見た~!」
慎吾「いるー!なんか地球守るって感じの!天井突き破るって感じの」
中居「え?みんな見えたの?」



慎吾「つよぽんのソロ好き」
剛「あわ色のGANGね」
木村「藍色な。今普通に間違えたぞ。つーかどこ見てんの」
剛「慎吾見てんの」
慎吾「変な角度で見てんじゃねぇよ」
剛「そこにあなたがいたから」
中居「山じゃねぇんだよ!なんだよ、そこに山があるからみたいな言い方…!」
慎吾「俺山じゃねぇんだよ!」



慎吾「藍色のギャンゴギャンゴ~」とギターを弾くフリ。※股間のあたりをジャカジャカやる
木村「ギターの位置がおかしいだろ!(笑)」
慎吾「ギャンゴギャンゴ~」←子供か!ww



web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

タグ:SMAP,Mr.S,レポ,

Mr.S レポ 9/12 京セラドーム

2014.09.17 22:53|Mr.S 2014
2年ぶりのSMAPは最高で最高でしたよ。(*´▽`*)ポワーン
自分たちでハードルあげちゃってって誰かが言ってたけど、そんな風に自分たちを追い込んで作り上げてくれたSAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR。
この日はなんとDVD収録。始まるまでの間、何度もそのアナウンスが流れていました。が、内容はいろんなハプニング満載!わっしょーい!全部入れてねビクターさんっ!

それでは主観入りまくりのレポです。どーぞっ!

↓ ↓


01.Theme of Mr.S (colorful ver.)
Mr.Sの世界観はこのオープニングの映像や演出で一気にわかる。
古い映画のような映像はモノクロの世界。
何かヤバイことに手を突っ込んでいそうだったり、女の子をたぶらかしていたり、酔っ払っていたりのSMAPは何者かに追われていて、その追手からうまくかわして逃げた先こそがSAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT会場。

中居さんはオープンカーで壁を突き破って、ゴロちゃんはベッドの上から、つよぽんはバイクで、慎吾ちゃんはお酒の瓶を持って、そして上半身裸の木村さんが登場して会場からは悲鳴に近い歓声。ギャ―――――!!!!

02.Mr.S -SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-
会場にモニターで映し出された、カラフルなスーツ(Mr.Sのポスターなどで使われている)に身を包んでいるのは確かにSMAP。
しかし顔を上げるとそれは女性ダンサーたちで、ほんもののSMAPはさらに後ろのダンサーに紛れているという仕掛け。
まんまと騙されました。
ビジュアル最高。あのオープニングテーマ曲、映像、演出からのこの曲までの一連の流れがMr.Sのすべてを物語っているようで。
長いロングコートの中のベストはストライプ。トラッドなデザインの靴がかわいかったな。
慎吾くんは早速歌詞間違ったよ♡

03.シャレオツ
からのシャレオツ。たしかにシャレオツはMr.Sの世界にある。この流れで聴くとより思う。
目の前で「オサレ!」のジャケットプレイ見れてしあわせ♡ ロングコートをバサバサってやるの。中の裏地はみんな違う色だったよね。

04.やりたい放題
シャレオツもそうだけど、やりたい放題も、もう少し後半で来るかなぁと思っていたらこの位置でやってきた。
今回はオープニングから割と長めに続く、畳みかけるようなカッコイイ系雰囲気。
いいよねいいよね!

05.無我夢中のLIFE
と思ってたらキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
アルバムを買って初めて聴いた時から思ってたんだ。オープニングがあって、Mr.Sがあって、それからこの曲でバーーーン!って始まってメンバー紹介があるんだよねって。
その通りだった(゚∀゚)♪ほんとうはMr.Sのあとすぐに来るかなって思ってたけど、このタイミングだった。
サビのWow Wow~♪のところはみんなでね、腕を左右に振るんだよ。それからイェイイェイでトントンって上に振るの。
それからそれから。
待ってた。ほんとだよ。
久しぶりに聞けてしょっぱなから泣いちゃうかと思ったよ。
中居さんの「すまーーーっぷin 大阪どーーーーむ!!!!←京セラだけどね。

うううううれしいっ!!(ノД`)・゜・。京セラだけどね。

この曲で確かジャケットを脱ぐんだっけ?脱いだらキラッキラのシャツが出てきた。5人5様のラインが入ったシャツ。キラキラは全部スパンコールかな。

------------------------------------------------------------
<Junction>
Mr. Single によるシングル曲決め対決。
※あらかじめ決められた2曲のうち、観客の歓声が大きい方の曲を歌うという企画。
------------------------------------------------------------

06.君色思い(日替わり曲)
今回もありました。日替わり曲。
12日はThis is love vs 君色思いの対決。
わたしは、(゚Д゚)ノ「きみいろおもいーーーーーーーっ!!!!!」と、のどがぶるぶるするくらい叫びました。
きっと何万人ものお客さんがのどをぶるぶるさせて、君色思いと叫んだことでしょう。
その甲斐あって日替わり曲は「君色思い」に決定(゚∀゚)!やったね!!

曲が決まり、メンバーが出てくる。くるよくるよくるよ、中居さんのソロ……。

「きーみいろおもいーー…♪

きーみをだきしめーにいこうーー」

ギャーーーーーーーーッ×▽○◇*※+#!!!

ほんとにすごい歓声だったよ。その歓声に鳥肌がたっちゃうくらいだった。なのに中居さんってばね、MCでね…♡それはこのあと書くから待ってね!

サビの、「もっと心の中を~♪」で一人ずつ右にずれていく振りがヘロヘロで非常にかわいらしく、去年のスマスマノンストップライブのときのキレッキレな感じとはぜんぜん違っていてワチャワチャイチャコラ。

07.さかさまの空
君色思いの破壊力がハンパなさ過ぎてあまり覚えてないというダメダメっぷり。
スタンドマイクの振りはオリジナル通り。

08.KANSHAして
SMAPの曲の中でコレを聴くとライブって気がするよね!って曲がいくつかありまして、KANSHAしてはそのうちのひとつ。
KANSHAしてフッフー!もっとしてフッフー!デートはゴージャスにぃフゥーフゥーフゥーフゥー!

09.ココカラ
そっちに行っていいかーーい!!
って1塁側のお客さんに向かって指をさす木村さん。当たり前じゃないですか来てよ来てよ来てよ!(この日のわたしは1塁側)
5人がぎゅうって乗った小さなトロッコが、すごいスピードで1塁側から出発。
こんな広いドームなのに、そんなくっついてさ、5人が楽しそうにこちらに向かって手を振ってくれるの。
そりゃキャーってギャーってなっちゃうよ。
スマが通るとそのたびにその一面がぶわって揺れるの。ペンライトを持った腕や上半身が動いたその波が、上から見てるとウエーブみたいでね。きれいだなぁってぼんやり眺めてた。

大サビのつよぽんのソロが差し掛かってきたら、お客さんの方を向いていたつよぽんの腰を、中居さんがぐいっと引き寄せて、5人の真ん中へ。
そこからみんながつよぽんにマイクを向けてプレッシャーをかけて「必殺・大サビ歌わせない術」を使う4人。
つよぽん笑っちゃって最後まで歌えないの。かわいいぞ!!

10.夜空ノムコウ
一塁側から出発したトロッコはそのまま3塁側の花道へ。
トロッコから降りた木村さんがスタッフさんにギターをもらい、席に着く。ここでしっとり始まる「夜空ノムコウ」。

------------------------------------------------------------
<Junction>
ゲスト(日替わり)によるシングル曲リクエスト。
※あらかじめ決められた2曲のうち、ゲストがどちらかを選び、それを歌うという企画。
------------------------------------------------------------

11.朝日を見に行こうよ・ゲスト:Kis-My-Ft2(日替わり曲)
冒頭にも書いたけど、この日はビデオ撮り、つまりDVD収録日。ということもあってか、日替わりゲストはキスマイ。

モニターに映し出されたキスマイに、木村さんが「お前らには言わないけど、あとでお客さんだけに教えるね、大事なこと」と。キスマイは「えー?なんすかなんすか!?」ってざわざわしてたけど、あそこにいた5万5千人はね、みんな知ってたんだよ、木村さん。「…それってビデオ撮りのことでしょ?」|ω・`)…って分かってたの!だって開演前に何度もアナウンスしてたんだもんっ!
だから反応薄くてゴメンね木村さん!(ノД`)・゜・。



藤ヶ谷だったらドームを沸かせられるようなこと言えるよね?って木村さんむちゃぶり。たっくんそりゃあまりにもかわいそうだべ?と思いながらモニターを見守るわたし。
するときっとテンパったのでしょう、藤ヶ谷さんが大事故をぶちかましてしまいました!ドギャー!

藤「……SMAPもいいけど…キスm」
客「(……ハァ?)えーーーーー!」でブーイング。

……あかん。藤ヶ谷さん、それはあかん。
確かにわたしも「何言ってんだ?」と思ってしまいました。ごめんよごめんよっ!
と思っていたら、木村さん「ふはは!お客さん、ハァ!?って!ヒャヒャヒャヒャ!」と追い打ち。
が、中居さんの「SMAPもいいけどカレーもね!ってことでしょ?
一言でなごむ♡ さすが人格者。

慎吾くんは「ダメだよー。SMAPがいちばんっていう人たちが集まってるところだから…」とマジなことをちょっとやさしく言っていて、そうなんだよ、そうなんだよ、ブーイングなんかしてごめんねわたしはその様子を傍観してたんだけどごめんねごめんね!と思ってました。
あのあと藤ヶ谷君、マジで凹んだりしてないかしら。。。あれは凹むか…。そうやって大きくなるんだ!がんばれー!おうえんしてるぞっ☆

そう言えば被害は藤ヶ谷くんだけじゃなく、しっぽの生えたスマのせいでブサイクは中居&慎吾にいじり倒され、さらには千賀君はポルシェに乗っていることを白状させられ「ひどいーーーーっ!」と絶叫しておりました。
ゴメンねゴメンね☆でもウケてたよっ☆

そんなやりとりがあったのち、本題へ。
朝日を見に行こうよと僕の半分の対決で、キスマイが選んでくれたのは朝日を見に行こうよ
5人は再びトロッコに乗り込み、小さくギュッとなって久しぶりの朝日を歌ってくれました。

12.BANG! BANG! バカンス!
一旦バックステージに降り、バンバカ。
途中からまたトロッコに乗り込み1塁側に向かう狭いトロッコの上で、「稲垣って名字の半分は~」のところの慎吾くんのパートをゴロちゃんが無理矢理歌い、慎吾くんとせめぎ合い。
慎吾「ちょっと!俺のとこー!!

ここで、今回のキモとなる中居さんのしゅびしゅび事件!

ばーんばーんばーん!しゅびしゅびしゅびしゅびばっかーん♪

中居さんがひとりでコーラス部分をかわいく熱唱している!なんだこれかわいい!東京でもやってたの?

13.Amazing Discovery
この曲のかわいい振りを生で見れてカンゲキ…(ノД`)・゜・。
ダンサーさんたちもMVの世界観を忠実に再現していて、しいて言うなればSMAPの衣装があれとは違うということくらい。

で、なぜか曲終わりのポーズで中居さんがてっぺんの最後みたいにこぶし突き上げてて、なんで?とちょっと違和感。
その謎は翌日のMCで…。


------------------------------------------------------------
【MC】
【注】話の順番はあやふやです。ニュアンスで受け取って下さい。
木村「さっきね、みんなだけに教えるって言ったでしょ?言ったじゃん?あれね、言うね。あれ、今日のこのステージが、D・V・Dになりやすっ!!」
お客さん「キャーーーーーー!(訳:知ってたよーたっくーーーーん( ;∀;)でもありがとう~!好き~!)」


ビデオ撮りなのに緊張して置きに行ったというロハス。

木村「シャレオツの最初コケたろ?」
剛「コケてはないんだけどね」
木村「歌い出し、コケたろ?」
剛「いやあれ振りだから」
木村「あぁん?(ふーーーんってな感じ)」


上の方まで見えてるよー!のくだり。

中居「俺最近老眼入ったから遠くの方が見えるから!アリーナ全然見えねぇ!遠く良く見える!こんにちは(ぺこり)


ビデオ撮りなのに間違えちゃった慎吾くん。

慎吾「ビデオ撮りなのにMr.Sって歌の最初、まちがえちゃったからもうだめだこりゃ…(言い方かわいい。しょんぼりしてる)。そこは違うの貼り付けてもらって、本番そうなってると思います」
剛「めずらしいね、あそこ間違うの」
慎吾「あたしにとってあいつはいつまでもSpecialなの♪ってところを、いつでもって言った瞬間…(ガチっと固まる)」


負け続けるThis is love。そして強い君色思い。大阪のお客さんvsSMAP(おもに中居)の攻防戦!

中居「俺が歌うとクスクスするのやめて。俺が歌うとなんかクスクスすんの。笑うんだよ」
慎吾「ちがうよ。安心してんの」
木村「歌い出しは俺らも緊張した」
中居「俺が一番緊張してるよ」
木村「バーーカ!(このバーカの言い方がマジ同級生!ってゆーか彼氏か!彼女か!ラブラブかっ!)。ちげーよ。いちばん緊張してるのはお客さんだよ」
中居・木村「ふははははは」

おい!!
イチャコラしてんじゃねーぞいいぞもっとしろ!!


なんだよふたりでアハハってもう、お花畑で手をつないでクルクル回ってんのかコノヤロー!(違)

慎吾「ラブサイケデリコどうしたの?」
中居「ラブサイケデリコ関係ないでしょ」←このやり取りがマジお兄ちゃんいやお母さん。
実は私も気になっていたの。東京ドームからずっとThis is loveが持ち越されていることは知っていたから。たくさんのアーティストに曲を書いてもらっているSMAPが、そういう言い方をしたら絶対にダメだって。書いてくれた人に失礼だからね。誰がどんな風に受け取るか分かんないんだからさ☆
剛「やっぱ懐かしい曲聴きたいんだよ」

中居「なんで負けちゃうんだろう。みんな嫌い?好きだよね?」
お客さん「スキー!」
中居「なんでThis is loveが負けちゃうんだろう。This is love、これが愛って押しつけがましいのがダメなの?」
木村「そんな細かい理由じゃないんじゃない?This is love。あぁ。君色思い…君色…君色!?って」
木村さん、ここで君色思い最強説を語る。君色思いが相手なんだからそりゃ負けます!っていうことを熱弁。

この辺りからお客さんから君色思いに対しての「もう一回!」「アンコール!」が巻き起こる。
バカかよ、って感じの中居くんを見た慎吾くんが「ねぇ、もうわかるでしょ?もう一回もう一回!って言ってこの人が『きーみいろおもい~』って歌うわけないでしょ?
お客さん「アンコール!アンコール\(^o^)/」←引かない
中居「じゃあアンコールってことはもう終わっちゃっていいの?俺らあと3曲歌って帰るよ?」←と言ってお客さんをなだめようとする。
木村「そうだよ。この後まだたくさんブロック用意してるけど、それぶった切って終わっちゃうよ」

お客さん「もう一回!もう一回!もう一回!\(^o^)/」←全然ひかない。むしろ押す。

中居・木村苦笑い。←ここでカコさんは気絶寸前。このふたりの苦笑いもただの同級生!てゆーかもう友達じゃん!なにその顔!木村さん!おたくだよっ!破顔してるよ気を付けてっ!漏れてます漏れてます!

中居「わかった!!さっき間違えたでしょ?(慎吾を指さす)俺もちょっと微妙だったから。だからざわざわしないで!歌い終わったらみんなすげー盛り上がって、マイケルみたいにみんな倒れて!DVDにはそっちを貼るから
木村「それ誤解される!中居の歌ってそんな威力あるんだって、それやめたほうがいい(笑)」
中居「(笑)。そうだね、それやめよう。あ!!衣装が違う!!」
木村「じゃあもう音だけ使えよ!」←甘い
剛「音だけ録音!」
中居「最初は静かにしてて。俺がきーみをだきしーめにーいこうーっつったらすっげー盛り上がって!そしたら俺すげー人気者みたい…!まみむめもーー(←発声練習)」
木村「慎吾と剛がそっちにマイク向けて、俺と吾郎がこっちに向けてお客さんの声撮るから」

中居「きーみいろおもー…」
お客さん「きゃーー…」←静かにしてろと言われたから小さくざわつくお客さんたちかわいい♡

中居「ちょっと待って!」
木村「なんだよ!」
中居「早いよ!静かにしてって言ったのに!そこはいいの。静かでいいの。固唾をのんでて!」
木村「お前お客さんを演出すんな!」

そしていよいよ本番。
中居さん目を閉じて左手をパーにして斜め上を見上げながら熱唱。
そして中居さんのご希望通りの割れんばかりの歓声。
たっくんもはりきって指揮者張りにお客さんを煽る煽る!わたしもまたもや喉をぶるぶるふるわせて、キャーーー!でございます。

中居「なんか俺、惨め…。これヤラセじゃん」
慎吾「ヤラセじゃないよ」
中居「これもう絶対言わないで!ツイットーとか…
木村「ツイットーじゃないよ!ツイート!ツイットーって!
慎吾「ツイットー!
木村爆笑。

木村「でも感情込めて歌ってたね」
中居「ふふふ」
木村「こうやって…左手こうやって」←中居の真似
中居「音程とってたんだよ!
木村「はははは!!」

木村さん破顔!かわいいいいああああぁぁぁぁいいい!!


アルバム聴いた?

吾郎「俺たちの曲いいよ」
剛「ラップ頑張ってるよね。YOYOYOYOYO! 吾郎!」
吾郎「つよぽんぽんぽんぽん!」←ぐうかわ

みんなでやろうよ!とゴロちゃんが提案するも、疲れ果てた中居さんが端っこから傍観。
中居「ふたりでやった方がいいと思うよ」
吾郎「みんなでやろうよ」
木村「吾郎剛with俺たち」
中居「ダダダダダーンシン!」


------------------------------------------------------------

14.DaDaDaDa(稲垣吾郎&草彅剛) ダンサーとして途中まで中居・木村・香取
かわいいサングラスのふたりが中居さんに邪魔されたけど、気を取り直して「DaDaDaDa Dacing All Night!」とアカペラで歌ってバンドがスタート。
中居・木村・香取もかわいいサングラスに木村さん以外のふたりはシルクハットも☆
ロハスの歌が今までなかったのが不思議。ゴロさんおどってるぅ~!
途中で3人はステージ裏へ。

DaDaDaDa Dacing剛、DaDaDaDa Dacing吾郎、ダンスのソロ回しがあって、DaDaDaDa Dacing拓哉!でお着替え中のたっくんの元にカメラがイン!!たっくん、はだか!はだか!じょうはんしんはだか!(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

15.SKINAIRO(香取慎吾)
慎吾くんのソロ。
演出はとてもシンプルだけど、映像に凝ってた気がした。ロードムービーみたいだなぁ…って思ってたら、オリスタ&ガイドさんの記事によると慎吾くんが自分で撮ったんだね~!
さいしょにたくさんの絵が出てくるんだけど、あれはもしかしてもしかすると慎吾くんが描いた作品なのかな。
衣装は「至服」なんだよね♡

------------------------------------------------------------
<Junction(SMAP)>
------------------------------------------------------------

16.Battery
毎回新しい装置が登場するスマのライブ。たとえば前回は真夏の脱獄者の時の飛び出る巨大な箱型LED。
今回はこれ、LED WALL。壁なの。LEDの壁。圧巻!
そこに5人が現れて、LEDに映し出された映像とスマが一体化された演出。慎吾くんが好きそうだなぁってひと目見て思う。
曲はRemixの方。このイントロを聴くと、パブロフの犬のごとく27時間テレビのノンストップライブが思い出されてならん。そして涙出そうになる。ここまでがセット。ワンワン!

17.ダイナマイト
このブロックは怒涛。
誰の指示でこの繋ぎ方なのかは知らないけれど、繋ぎが完璧!ダイナマイトのフッフー!は何度やっても楽しい☆ これぞSMAPライブ。昔からずーっと変わらない合いの手。

18.$10
$10のAメロBメロの低いところが大好き。当時よりも今の声で歌われた日にゃたまりません。セクシーさに拍車がかかってる。
リミックスされた$10ではあるけれど、カッコいいことに違いはない。
これを20代前半のアイドルが歌っていたなんてね。
いまだに初めて聴いたときのうわぁっていう衝撃は忘れない。

19.Mistake!
$10からMistake!の繋ぎが今回のセットリストの中でいっちばん好き!鳥肌ぶわっとたっちゃうくらいに。すっごい気持ちいい。自分がDJしてたらガッツポーズするくらいばちこーーーん!決まってた。
Mistake!はイントロの振りが好き。5人が広がっていくところ。ただ今回はメドレーでそれはなかったのかな。どうだったっけ
…。だれかー!

20.The Future
ナカコーが作ったピコピコ感満載のこの曲はライブで映えた。照明やお客さんのペンライトがキラキラ輝いて、テクノ色の強いこの曲がSMAPっぽくなっていく不思議。

21.CRAZY FIVE
このブロック終盤、でもライブは中盤、この流れでC5!?ってビックリ。
ライブの終盤に持ってくるものと思っていたのに、さらっとここでやってしまうの?っていう。
でもやっぱりC5のイントロはどうしたってアガるし、これまたパブロフの犬のごとく泣きそうになっちゃうよね。
バスドラに合わせて上がる炎、暗いステージの中で5人が集まってくる様子、5人が前に歩き出す瞬間。ぜんぶカッコいい。

つよぽんがセンターの花道でバク転するのを、モニター越しに木村さんが眺めてるのがすごく印象的だった。
個々のソロの時のみんなの時間の過ごし方を見るのがとても好き。靴ひもを結びなおしたり、位置に着いたり、モニターを見たり。みんなそれぞれのこの曲にかける意気込みが伝わってくるようで。
ただ、最後の特攻で目をつぶってしまったので、中居さんの(やったかやってないかわかんないけど)パンチする仕草を確認できなかったあの日の自分を殴りたくてしかないけどNE!!

木村「なーんざーんすー?」
剛「なーんざんしょー?」←まちがう
吾郎「なーんざんしょー?」←合わせる
慎吾「なんざん…すっ」←戻す
中居「なんざんしょ笑」←笑う

22.Yes We Are
C5が中盤に来たこともそうだけど、ブロックの最後じゃなかったこともビックリ!まさかのC5のあとにミディアムバラードきた!
しかもだいすきなYes We Are。みんなぜーぜー肩が動いていたけど、そういう風にさらりと大切な曲をやって次に行ってしまうこのセットリストは、SMAP自体を物語っているようだったよ。

------------------------------------------------------------
<Junction(SMAP&明石家さんま)>

SMAPに指示を出す謎の男はさんまさん。いつだってさんまさんは全力さ!
------------------------------------------------------------

【スマスマコントキャラコーナー】
香取→慎吾ママ
かかかかかかかわいい!かわいいかわいい!
ママ「あのね、これやってたの2000年頃なんだって!年のことは言わないで~!

おっはー!からのちょっとだけおはロック。かわいいったらない。37だろこんにゃろめー!

草彅→独身貴族
この日はビデオ撮りのため、版権ものはできないんだよね。だから独身貴族の守さんで、フリップネタ。
5万5千人を前にとんでもない空気になってしまい、助けに入った慎吾ママとなぜかちゅーする展開。
ママ「助けてあげたから3000円ちょうだいね」とにかくママがかわいい!

稲垣→CCBゴロー
ゴローさんは冴えていた。完全に覚醒していた。すべってもすべりをものともせず笑いに変えていた。すばらしすぎる。
とにかく冴えまくり光りまくり輝きまくりのCCBゴロー。DVDでまた見たい。

木村→ホストマンブルースヒカル
会場の中にいる今日が誕生日のお姫様&王子様をお祝いするという企画。
泣いちゃうよね、選ばれてハッピーバースデー歌われちゃった日にゃ。

中居→するめ
今回ソロがない中居さんは、舞祭組でおなじみのオタクのおじさん。その名も「するめ」。御年60歳、そしてバツ2。
左サイドの髪の毛異常に長い。まじまじと眺めてみて、改めて思う。
き…気持ち悪いぜ、中居さん。つまり中居さん芸達者!

するめさんは男性アイドルを追いかけた挙句バツ2だそうで。もともとは中居さんファン(ここで2002年ドリスマの中居うちわ登場)。
しかし今は舞祭組を追いかけてる(小さいころの舞祭組のメンバーの写真が貼られたうちわを取り出す)
そしてこの人も…と言ってこの日取り出したのはkinkiのおふたりさん!
最近会ってないねぇ
剛は寺でライブやってるの?どうしたの?

最後にするめ風衣装のダンサーとだれのケツを踊って熱唱して終わりっ!異常に盛り上がりました。
アイッ!って言いましたとも☆

------------------------------------------------------------

23.ONE CHANCE(木村拓哉)
映像の中のさんまさんによるONE CHANCEの振りがあってから、木村さんのソロ。
ギター弾き語り。ラップの部分は白黒の映像で、帽子をかぶった木村さん自身が映し出される。

24.よわいとこ(木村拓哉・稲垣吾郎)
その流れで木村さんはギターを置いて、こんどはゴロちゃんがギターを弾きながら下から登場。
よわいとこの木村さんの女性ダンサーとのダンスがとっても美しくてしなやかで、うっとりしてしまいました。
すてき。
にしてもこの曲のゴロちゃん、声がとても曲に合ってる。

25.好きよ
5人がそれぞれ自分のパートの時に登場。しっとり歌い上げていく。
この曲ばかりはソロ回しで最後までいく歌割がとても気に入っています。最後の中居さんのソロでじーーん。

26.オレンジ
会場全体がオレンジ色の光に包まれる中、オレンジのイントロ。
カップリングの曲でこれだけ長く、いろんなライブで歌われる曲もオレンジくらいかな。
少し短いバージョンだったので、木村さんの「その日まーでー」は聴けず…。

27.ハロー
ペンライトをピンクに替えて、ハロー。
生で聴きたかった曲のひとつ。メロディも歌詞もやさしくって大好き。
途中からキティちゃんが出てきて、中居さんがニコニコ笑顔でとにかくかわいかったなぁ。
なんでキティちゃんとのコラボグッズ出さなかったんだろうなーってこの日も友達と話したよ。

28.世界にひとつだけの花
Pepperくん登場で、ひさびさの世界フルコーラス。
いろんな世代の方たちがステージに登場して、みんなで世界を歌う演出。
これでライブの本編が終わるのかな?という雰囲気。中居さんは子供を抱っこしてパパ感満載。もう早く子供つくっちゃえよ!
そんな中居さんは歌い出しでまさかの歌詞間違え!木村さんに「あぁん?(ニヤニヤ)」って顔で覗き込まれてたよ。


------------------------------------------------------------
<Junction>
------------------------------------------------------------

29. Dramatic Starlight(稲垣吾郎)
世界ワールドで終わりではなく、まだまだ本編は続きます。
最後のブロックはゴロちゃんのソロから。
今回のツアーはゴロちゃんが大活躍!ここにきてゴロちゃんにしては新しい、ダンサブルなソロに挑戦していて、これがまたカッコよかった!曲の最後でメンバーも登場して、一緒にダンス。
ゴロちゃんのバックダンサー、SMAP。贅沢すぎます!

30.掌の世界
凛として時雨の世界観をそのままに、掌の世界。この曲やっぱりカッコいいや。ゴロちゃんがTKに曲を依頼したきっかけの曲。カップリングはライブでしか聴けないからうれしい。カップリングに名曲多いんだよな、ほんと。

31.アマノジャク
これも生で聴きたかった曲のひとつ。はじめて聞いたときに踊るのかどうかが気になったけど、踊れないよね、これは。踊る曲じゃないよね。
それぞれメンバーがリフターに乗ったり、花道に行ったり、そのステージングを見ていたら、あぁライブが終わっちゃう…ってセンチメンタルな気持ちになったりして。

32.青いイナズマ
ゲッチュー☆ で全部持っていかれました。
カッコいいことが当たり前ってどんな気持ちなんだろう。カッコよくて当たり前、カッコよく居て当たり前。
この日もその当たり前をやってのけた木村さん。大好き。

33.Top Of The World
今回この曲があったから、C5を中盤に持って来たのかも、とも思います。
ライブのセットリストの中に魅せる曲、というものがあるとしたら、C5もこのてっぺんも、間違いなく魅せる曲。
Oh oh oh oh~のところは長い尺を取り、花道を練り歩きながらメインステージへ戻っていくその歩幅、突き上げた拳、ぜんぶカッコいい。13日はバックステージ正面の席だから、歩く背中をしっかり目にやきつけるんだ!と心に決める。

ここの大サビ、中居さんは大幅に歌詞を飛ばす。オイ中居!

------------------------------------------------------------

<en1>
34.藍色のGANG
トライセラのワダショが作ってくれた藍色のGANG。つよぽんのギタープレイも生で拝めてよかった!
ぷっすま見てても思ったけど、つよぽんはギターを持って歌うと男度が増す。なんだろう、これ。相乗効果か?
そして歌もうまくなる気がする。
2番から女性ダンサーがマイクを持ってつよぽんの口元に当てながら移動するんだけど、それはちょっとおもしろかったよ、ごめんねつよぽん。。。

35.Joy!!
最後の中居さんが「みんなで!」って両手を広げて、わたしたちが「Joy!! Joy!!\(^o^)/」って言うでしょ?それがね、こんな感動するなんて思わなかった。
地鳴りするくらいのJoy!! Joy!!に感動した。みんなでJoyって、なんてハッピーなんだろうって。
何万人もの人たちと、一つになれた!って気がしたなぁ。

36.オリジナルスマイル
中居さんがつよぽんのお着替えを待ってトロッコに乗り込んだのはこの曲だったっけか?
腕がちぎれるくらいぶんぶん左右に振ったよ。

37.SHAKE(ラッキーさん)
毎回毎回、ラッキーさんに選ばれたらどうしようって思うよね。思わない人いないよね。
…選ばれちゃったら…。どうしたらいいの!?!?
中居さんは安定のお手振り。ありがとう。みんなのことみてくれてありがとう。ラッキーさんたちのことは他のメンバーが手厚く絡んでくれてますからね。

38.らいおんハート
バックステージがぐーんと上に上がって、そこでらいおんハート。やばい、わたし明日どうなっちゃうんだろう。。。バックステージ正面、これ、神席ってやつだよ!

39.俺たちに明日はある
トロッコに乗ってぶんぶんお手振り。上から下、下から上、右から左、左から右、もうほんとうに隅々まで、みんなが手を振ってくれてるの。ありがとうありがとう。こちらこそありがとう。

40.ビートフルデイ
ここでこの曲かぁ!確かにこれは盛り上がるし、最後に相応しいかも!
5人で一列になって、肩を組んでボックスを踏むところがあるんだけど、みんなヘロヘロでふにゃふにゃで…イチャイチャしすぎだぞコノヤロー!
予想通り、Say Yeah Yeah Yeah Yeah!のコールアンドレスポンスは会場がひとつになったし、何をとっても「てきとーのてーときーととー」は反則!
両手を顔の横に広げて、その場で足踏み。左右に体を揺らしながら、中居さんのところにみんな集まってくるの。
文字では伝えきれないからぜひ生で、DVDで見て!かわいすぎて気絶しちゃう☆

ここで木村さんによる挨拶。
最後は「S!M!A!P!」「すまーーーーーっぷ!!\(^o^)/
期待していたつとぷの手つなぎはなかったけど、もうMCのいちゃこらに始まり、終始なかよしこよしのメンバーにおなかいっぱいだよ。

曲終わりでステージ裏似はけたメンバー。そのままカメラも一緒に入り、メンバーの様子を撮りつづける。
みんなグッズのサングラスをかけて、小さなソファー、小さな部屋にぎゅっと集まってる。なんという人口密度、そしてこの部屋の坪単価高すぎるでしょ!
中居さんはぐずぐずに乱れてヘロヘロな様子。

木村さんの「このままじゃ終われないでしょ!」

で、マップ兄さん再登場!
ここからがすごかった。メンバーがアリーナを練り歩きはじめたではないか!
スタンド下段の人、アリーナの端っこの人と触れ合いながら歩き、バックステージ横から本当に退場。
すごいものを見た。こんな大きな会場で、主役がみんなと同じ高さの床を歩くなんて、考えられない。サービス精神が旺盛すぎて感服です。参りました。降参です。
ありがとうありがとうありがとう。SMAPありがとう~♪



んな感じで完全に中居寄りなレポでした。
長々と、いや、だらだらと書き連ねていたらこうなりまして、読みづらくてすいません。
自分メモってことで、お許しをば。
行けなかった方、行った方、思い出したい方、などのお役に少しでもたてたなら本望です!

ただ、すべて私の主観ですので、そのあたりあしからず…。ぺこり。


web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

タグ:SMAP,レポ,Mr.S,つとぷ,

Mr.S SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR セットリストまとめ

2014.09.17 11:39|Mr.S 2014
Mr.S SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR セットリスト


01.Theme of Mr.S (colorful ver.)
02.Mr.S -SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-
03.シャレオツ
04.やりたい放題
05.無我夢中のLIFE

------------------------------------------------------------
<Junction>
Mr. Single によるシングル曲決め対決。
※あらかじめ決められた2曲のうち、観客の歓声が大きい方の曲を歌うという企画。
------------------------------------------------------------

06.日替わり曲
07.さかさまの空
08.KANSHAして
09.ココカラ
10.夜空ノムコウ

------------------------------------------------------------
<Junction>
ゲスト(日替わり)によるシングル曲リクエスト。
※あらかじめ決められた2曲のうち、ゲストがどちらかを選び、それを歌うという企画。
------------------------------------------------------------

11.日替わり曲
12.BANG! BANG! バカンス!
13.Amazing Discovery

------------------------------------------------------------
【MC】
------------------------------------------------------------

14.DaDaDaDa(稲垣吾郎&草彅剛) ダンサーとして途中まで中居・木村・香取
15.SKINAIRO(香取慎吾)

------------------------------------------------------------
<Junction(SMAP)>
------------------------------------------------------------

16.Battery
17.ダイナマイト
18.$10
19.Mistake!
20.The Future
21.CRAZY FIVE
22.Yes We Are

------------------------------------------------------------
<Junction(SMAP&明石家さんま)>
------------------------------------------------------------

【スマスマコントキャラコーナー】
不定期にキャラ変更あり
香取→カニ蔵・慎吾ママ・HEROの角野卓三からの春菜
稲垣→ごろちん・
木村→ホストマンブルースヒカル
草彅→新入りの巨人・独身貴族
中居→するめ
SMAP→27時間のペンギン(初日のみ?)
------------------------------------------------------------

23.ONE CHANCE(木村拓哉)
24.よわいとこ(木村拓哉・稲垣吾郎)
25.好きよ
26.オレンジ
27.ハロー
28.世界にひとつだけの花

------------------------------------------------------------
<Junction>
------------------------------------------------------------

29. Dramatic Starlight(稲垣吾郎)
30.掌の世界
31.アマノジャク
32.青いイナズマ
33.Top Of The World

------------------------------------------------------------

<en1>
34.藍色のGANG
35.Joy!!
36.!オリジナルスマイル
37.SHAKE(ラッキーさん)
38.らいおんハート
39.俺たちに明日はある
40.ビートフルデイ

<en2>
41.ありがとう(各会場最終日のみ)


web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

タグ:SMAP,Mr.S,レポ,セットリスト,

あしたはいよいよ♡

2014.09.11 17:10|SMAP
ぱんぱかぱーん!パフパフドンドンドン!

こんにちはこんばんは!('ω')ノ
いよいよ明日から京セラドーム4連戦、ですね♡

参加される方も多いかと思います。
かく言うわたしも明日明後日と参戦でございます☆
ほんとは15日(京セラオーラス)に行きたかったんですが、贅沢は言っておれません。
どの日でも当たっただけでありがたや~ありがたや~、でございます。

東京ドームのグッズの行列を知ってしまった今、恐怖におののいています。いや、大阪はそんなんじゃないよね?そんなことにならないよね?
わたし、過去グッズに並んだ記憶ないんだよね…。
と言ってもですね、例年グッズはうちわ、ペンライト、ストラップくらいしか買いません。
今年はストラップじゃなくてiPhoneケースだけど、パカパカのケース使わないし、たぶん買わない。
ますます買うもの減ります……が!!

今、サングラス欲しくて仕方ないんですけど(゚∀゚)!!

いつだって現実的なわたしが、まさかのサングラス欲しい衝動!
わたしにしてはありえないw どうしたんだ、わたし(知らん)。

まぁ行ってみて、またどうなるか。
今でさえ欲しいんだから行ったらテンション上がって絶対ますます欲しくなりますよね、わたしね…。

何はともあれたーのしみだーい!わーいわーい!
日替わり曲なんだろう。
オープニングの映像たのしみだなぁ♡ わーくわーーーく♡♡

チームお兄さん、またの名をつとぷ。
おふた方がお隣に並んで手をつないで挨拶……してほしいなぁ~~~~!!!

web拍手 by FC2

Mr.S 日替わり曲&日替わりゲスト一覧

2014.09.08 14:26|Mr.S 2014
Mr.S SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOUR
日替わり曲&ゲスト一覧



※( )内にある曲は選ばれなかった曲です。

東京ドーム
9/4
がんばりましょう (This is love)
笑顔のゲンキ / 北川景子 (雪が降ってきた)

9/5
Momont (This is love)
たぶんオーライ / 森山直太朗 (セロリ)

9/6
Triangle (This is love)
ありがとう / ザキヤマ (ずっと忘れない)

9/7
Dear WOMAN (This is love)
セロリ/爆笑問題 (Smac)

9/8
心の鏡 (This is love)
Fly / ユースケサンタマリア (この瞬間、きっと夢じゃない)


京セラドーム
9/12
君色思い (This is love)
朝日を見に行こうよ / キスマイ (僕の半分)

9/13
This is love (Hey Hey おおきに毎度あり)
Can't Stop -LOVING- / 西内まりや (そっときゅっと)

9/14
はじめての夏 (HeyHey おおきに毎度あり)
君は君だよ / 小日向文世 (そのまま)

9/15
Hey Hey おおきに毎度あり (この瞬間、きっと夢じゃない)
しようよ / 倉木麻衣 (友だちへ~ Say What You Will~)


札幌ドーム
9/20
この瞬間、きっと夢じゃない (弾丸ファイター)
どんないいこと / 上戸彩 ときどき 北村一輝 (そっときゅっと)

9/21
弾丸ファイター (裸の王様)
たいせつ / 笑福亭鶴瓶 (正義の味方はあてにならない)


ナゴヤドーム
11/8
裸の王様 (胸さわぎを頼むよ)
正義の味方はあてにならない / ヒャダイン (not alone)

11/9
freebird (胸さわぎを頼むよ)
セロリ / キャイ~ン (peace!)





web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

タグ:SMAP,Mr.S,日替わり曲,

ネタバレってナニ(゚∀゚)?

2014.09.07 11:39|SMAP
おはようございますですよ。
ネタバレを回避しているつもりがどんどこどんどこ知っていっている今日この頃…|д゚)

MCとかは分かっちゃってもいいじゃん!
ハプニングも知りたいし!
つとぷはなんかあったのかい!?

なんてことをついつい知りたくなっちゃうのはこれはもう人間の性(違)。

にしてもネタバレなんてね、ネットやテレビつけたらそこらじゅうに転がっていて、思わぬところから湧いてくるものなんですよね。
だからほんとに回避しようと思ったら、超アナログな生活をしないといけないわけで。
そりゃ無理だ!(゚∀゚)
だからせめてセットリストと演出だけは見ないでおこう、あとはいいや!と思うことにしました。

ちなみにこのブログにはアクセス解析なるものをつけているのですが、例えば検索サイトを使ってここにたどり着いてくださった方が、どんなワードで検索をかけてここにたどり着いたかってのが分かるわけですよ。
その検索ワードですらネタバレになるわけですからw
そこでわたしは今回も日替わり曲があることを知りました。ハイ。

なので、日替わり曲はちょこちょこメモしていこうと思います。

なわけで、今日は東京ドーム4日目。いよいよ終盤です。
そして来週は~~♪ ららるーーーー♪
どうか中居さん、今後も「スマップイン○○ドーーーム!」を続けてね♡

そんで、京セラでも最後のあいさつで木村さんと手をつないでお辞儀してください。おねげーーしますぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!(スライディング土下座)

web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

Mr.S 開幕~!

2014.09.05 10:35|Mr.S 2014
おはようございます(*'▽')
昨日からMr.S SAIKOU DE SAIKOU NO CONCERT TOURがはじまりましたね。ねねね!

いつも手につかない仕事が100倍増しで手につかなかった昨日。
そしてネタバレが怖い怖いと思いながらついついtwitterを見てしまう、意志が激ヨワなわたし。(知らんがな&はたらけ)

結果、グッズは目を閉じれば思い浮かべられるほどに、どなたかがアップしてくださったものを凝視してしまいました('◇')ゞ

中居さーん、木村さーん!おたくら42歳どうしてどうしてかわいいぞーーー!(゚Д゚)ノ

↑うちわの話。

にしてもグッズで4時間?それでも買えない??って過去ありましたっけ?初日が東京っていうのが久しぶりだからちょっと分からないけれど、これ、尋常じゃないYO!どうしちゃったのSMAPってば!
しかもアルバムも品切れ続出って言うじゃないですか。もうもうもう!なんかうれしい!!

そんなわけでして、今朝は各ワイドショーで早速取り上げられていたスマコンですが、もちろん見ていません(録画はした)!
あ、囲み取材は見ましたよ♡ 中居さんが無理矢理テンションあげてましたね♡ また性欲の話してましたね♡

いろいろ誘惑が多い現代社会ですが、あと1週間、わたし的初日を迎えるその日まで頑張って情報をシャットアウトしていきたいと思います!(不安)

なのでセットリスト等はわたし的初日が終わったらこちらにUPしていこうかなと思っています♪


うふふふ。
楽しみだねー!楽しもうねー!



web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

Mr.Sを聴くの巻

2014.09.02 22:48|Mr.S 2014
Mr.S、無事お持ち帰りしました。聴きました。というわけで、今回もさっそく全曲レビューいってみよー!

Mr.S
Disc 1 Mr.S (colorful)
1.Theme of Mr.S (colorful ver.)  
作曲・編曲:太田 健

この間のブログで、宝塚の音楽を手掛けている方だと書きましたが、宝塚もさることながら、慎吾君のオーシャンズ11の音楽も手掛けているんだって!この間知りました。
何でも慎吾くんが舞台の稽古中の頃から「作ってくださいね」と頼んでいたとか。
オープニングに相応しい壮大なミュージック。
Theme ofシリーズは毎回楽しみです。これで100万人規模のツアーの幕が開けるのだと思うと、鳥肌ぶわわ。


2.Mr.S -SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-  
作詞:麻生哲朗 作曲・編曲:市川喜康・マシコタツロウ・ha-j

アルバムMr.Sのリード曲。この曲はメンバーのラジオやキャンペーンなんかで結構かかってましたし、一足先にMVも公開されてましたよね。
わたしはCDで聴くまでは絶対フライングすまい!と頑張っておりまして。しかしMVは我慢できなくて見ちゃったけど(見たんかい)、改めてCDでそんでヘッドホンで聴くと、これは…!
市川さんのSMAP作品と言えばオレンジやDawnに代表されるようにバラードってイメージがすごく強かったけれど、こういう少しジャジーでちょっと昔っぽいというか歌謡曲っぽいというか、こういう系もすごくいい!
アレンジがすごくカッコよくてステージ映えするだろうなと今からめちゃくちゃ楽しみです。
1番、2番、間奏があってつよぽんから始まるCメロ(でいいのかな)のメロディラインと、その後の中居さんのところの歌と重なるリズムのアレンジがたまらなく好きです。
あと、コーラスの入り具合もオシャレ!この曲は終わり方がたまりません。

3.無我夢中なLIFE 
作詞:木村友威 作曲:和田昌哉・妻夫木崇次 編曲:中西亮輔

ザ・ライブ感満載。「サマゲ開いたよー!」って雰囲気大爆発の曲。最初のコーラスなんてもうまさに、ですよね。
今回のテーマやTheme of~の曲の感じやMr.Sの雰囲気からして、少しシックに大人っぽく始まったかと思いきや、突然照明がぱぁっと明るくなって「はじまるよー!」ってなるんじゃないかなぁと、この曲を聴いて思いました。
一気にハッピーなムードに包まれる、あのドーム独特の雰囲気をいとも簡単に想像できるような曲です。
慎吾君はミュージカルをやったからかどうかわかりませんが、歌がすごく変わった気がします。高音の伸びとか。この曲のブリッジを聴いて特に思いました。

4.藍色のGANG  
作詞・作曲・編曲:和田 唱

つよぽんのソロ。
ぷっすまのギターマンでお世話になりまくりのTRICERATOPSの和田さん作詞作曲編曲、そして演奏はなんとトライセラ!豪華すぎます。トライセラだいすきなわたしにとっては二度おいしい展開。
しかもコーラスもワダショ!ワダショの声がつよぽんと重なってCDから聴こえる…(泣)。
ちょっとアメリカンな雰囲気漂うこの曲で、テンガロンハットでデッカイアコギ持ってデニム履いてるつよぽん(笑)が想像されるんだけど、果たしてライブではどうだろう。
コレはつよぽん、ギター弾くんだよね?弾くんだよね?
林さんのウッドベースが効いてて、いいなぁ♡ 
トライセラのライブにつよぽんが出たから、どこかのタイミングでトライセラも出たらいいのに~。







5.アマノジャク  
作詞・作曲:川谷絵音 編曲:鈴木Daichi秀行

ハイ、来ました。来ましたよ。
Mr.S、いろんな曲が17曲も詰まっていますが、わたし的1位はこの曲です。
もうほんっとにすばらしい。アレンジの鈴木Daichi秀行さんのオシャレアレンジもステキすぎるんだけど、ゲスの極み乙女、川谷絵音。なんだこのあふれ出る才能は。
彼は他アーティストに楽曲を提供するのは今回が初めてらしいのですが、このアマノジャクとDisc2の好きよの2曲が採用されています。
慎吾くんはパワスプでもっと入れたかったって言ってたから、まだ彼の曲は他にもあったのだろうと推測します。
他の曲もぜひ聴いてみたいなぁ。この2曲だけでも、まったく異なる2つの顔をSMAPは作ることができたわけで。
この速いテンポと、耳に心地よく残る美しいメロディライン、激しいピアノとブンブンなるベース、大サビの四つ打ち、そしてなによりSMAPがずっとユニゾンというのがいいです。
そして一番気になるのは、この曲、踊る…のか??ということ。




6.One Chance!  
作詞・作曲:森山直太朗・御徒町 凧 編曲:清水俊也

木村さんソロ。
直太朗くんがHEROにゲスト出演した際に木村さんから曲を書いてほしいと依頼をしてできた曲だとインタビューで読みました。
歌詞がまた、まるで木村さんのことを歌ってるんじゃないかって思うようなまっすぐな内容で、レコーディングをしながら感極まったという木村さんの気持ちがひしひしと伝わるようでした。
歌い方も何もかもザ・木村。木村さんのための曲だわほんとに。
前回の時も弾き語りだったけれど、今回はどうなんだろう。

7.Joy!!  
作詞・作曲:津野米咲 編曲:菅野よう子

アルバムの歌詞カードを見ていてふと思ったのですが、そうだよ、SMAPのシングルって作詞作曲編曲のクレジットはあるのに、それ以外の演奏者のクレジットって書いてないですよね?いつからだ?
このアルバムでギターを弾いていたのが津野ちゃんだと知りました。
あと、コーラスの小田原南中学校3年2組ってなんだ!?と思ったらそうだ、カスカノの生徒さんたちか。すっかり忘れて、どうやって選ばれたんだろうとしばし考え込んでしまいましたw
Joy!!はいろんな演出のJoy!!をいろんな番組で見てきましたが、ライブでは一体どんな形になるのか。同じようにダンサーを使うのか、はたまたまったく違った形で見せるのか。わくわく。

8.DaDaDaDa  
作詞・作曲:さかいゆう 編曲:宗像仁志

さかいゆうさんはシングルYes We Areも書いてくれていますが、この曲は歌詞にもあるけど四つ打ちのブラックミュージックっぽいアレンジでYes We Areとはまったく毛色の違う曲です。
歌ってるのもつよぽんとゴロちゃんという、意外にも初めてのコンビ。
演出は慎吾くんがやるのかなぁ。この曲をふたりでどんなふうに歌うんだろう。ノリノリゴロちゃん、期待してますよ。

9.ビートフルデイ  
作詞:大竹創作 作曲:☆Taku Takahashi 編曲:Mitsunori Ikeda & ☆Taku Takahashi

いろんなところで木村さんが言ってるガシャガシャしている曲ってこの曲を指してますか?
すげーいいです!
完全にライブを意識して作ってるだろうなと思わせる、メンバーそれぞれのシャウトがあったり、ここでメンバーとお客さんとのコールアンドレスポンスでしょ?っていう部分が多々あったり、終始お祭り色全開!
サンバ隊出てくる気配がすごくしますw
m-floのTaku Takahashiさんの名前があるので、こういう感じかな?っていうのを想像してたんですが、ぜんぜん違ってました。
あとやっぱり大竹さんの詞ってオモシロイです。
中居さんが歌ってみんなが重なっていく部分の歌詞、中居さんが作詞した?って錯覚するほど中居さんが歌ったらナチュラルでした。ありがとうございます。←

Disc 2 Mr.S (monochrome)
1.よわいとこ  
作詞・作曲:広沢タダシ 編曲:本間昭光

アルバムの楽曲提供者が発表になった時、曲を聴くのがいちばん楽しみだったのが、この曲です。
広沢タダシさんは好きで、いくつか聴いたことがるアーティスト。骨太のバラードを書くイメージがあって、スマが歌うとどんな化学反応を起こすのだろうとすごく楽しみでした。
歌っているのは木村&吾郎さんコンビ。
鳥肌立ちました。吾郎ちゃんの優しい声にもピッタリだし、木村さんの力強い声にもピッタリ合うから不思議。まったく違うふたりの良さが喧嘩せずうまく合わさってこんなに沁みるなんて。




2.やりたい放題  
作詞・作曲:大竹創作 編曲:CHOKKAKU

シャレオツもDisc1のビートフルデイも大竹さんは作詞で参加してくれていますが、大竹さんの作曲って実は初めてですよね?
8ビートなこととか、このちょっと速いテンポ、リズムの音なんかがちょっと80年、90年代のJPOPみたいな感じがして、大竹さんって歌詞だけじゃなく、メロディもやっぱりこういう感じが好きなんだ!と思いました。
乙三ってまだ聴いたことないのですが、そういう雰囲気のバンドなのかな…?
最後のサビのリズムを刻むところなんてもう定番な感じで盛り上がりますよね、聴いている方としては♪

3.Mistake!(アルバム・ヴァージョン)  
作詞:いしわたり淳治 作曲:HIKARI 編曲:川嶋可能

最初何の曲が始まったのかと思いました。びっくり!ほんとアレンジで歌ってこんなに変わるんだなぁ…。
シングルの雰囲気をまったくなくし、鍵盤やホーンを入れて全然違うものにしてるし、四つ打ちがいいなぁ。すいません、わたし四つ打ち大好きなので、今回四つ打ちの曲が結構あってほくほくしています。
ライブではこっちかな。こっちなのかなぁ。シングルの大人な雰囲気ばっちりのキメキメSMAPも見たいけどねぇ。こっちはこっちで気になりますよね。

4.SKINAIRO  
作詞:SALU 作曲:Taka "North Pole" Nakamoto 編曲:Taka "North Pole" Nakamoto / MANABOON

慎吾くんのソロ。
ソロのことを考えている時に偶然に2度SALUさんを目にして、この偶然を活かして曲をお願いしたと慎吾くんが言っていました。27歳の彼に27年の思いを書いてもらったら、27年のSMAPにリンクするところもあった、と。
コーラスはSALUさん自身がしてくれていて、彼の声が重なることでさらにオシャレに仕上がってます。
ソロは思いっきりガラッと趣向を変えて、5人ではやりにくい楽曲を選んだことは(ただの私の推測だけど)、慎吾くんらしいなぁと思いました。

5.The Future  
作詞:Leo Imai 作曲・編曲:Koji Nakamura・森 俊之

わたしは完全に見落としていました。ここに懺悔します。
Koji Nakamuraってナカコーじゃないですか!ナカコーのサウンドじゃないですか!(大声)
これはそりゃカッコいいはずだわ。
声に掛かったエフェクトとか、アレンジの音の感じが、プラネタリウムみたいなシンプルな光の下、キラキラした空間で歌っているSMAPを想像させます。
果たしてわたしの予感はあっているのか。どうしよう、色とりどりのど派手な照明だったらw

6.Dramatic Starlight  
作詞・作曲:TK 編曲:CMJK

吾郎ちゃんのソロ。
吾郎ちゃんがここにきて新境地開拓ですか、というくらいのダンスビートを歌っております。
踊るの!?踊っちゃう!?
これもちょっとメロディラインが昔のJPOPっていう雰囲気がありますよね。特にサビの四つ打ち(これも!)、シンセサイザーっぽい音、いいなぁ。吾郎ちゃんどんな演出にするのー?

7.好きよ  
作詞・作曲:川谷絵音 編曲:鈴木Daichi秀行

Mr.Sとこの好きよは発売前からラジオでは流れてましたよね。Twitterでやばいやばいというツイートを見ては、聞きたい気持ちをぐっとこらえて我慢した甲斐がありました。はい、やばいです。
慎吾くん、やっぱミュージカル効果出てるよね。ダニーがいる。
この曲をユニゾンじゃなくソロ回しにしたのはすばらしいアイデアだと!誰が出したか決めたか存じませんがありがとうございます。
な、中居さん。これをあなたはどんな顔で歌うのでしょうか。ソロないんだからかわいい顔で歌いなさいよ←

8.Theme of Mr.S (monochrome ver.)  
作曲・編曲:太田 健

70年代のアメリカの映画音楽のような、8mmフィルムの世界を思わせる、ちょっと籠った音のアレンジの部分がモノクロームを意識しているのでしょうか。
音質がクリアになった時にcolorfulな部分が現れて、またモノクロームになって消えてゆく、という。
colorful ver.がオープニングならば、このmonochrome ver.はどこで使われるのか、早くライブで見てみたいです。



というわけでざっくりではありますが、初聴きの感想はこんな感じになりました。
かなり好きな感じです。毎回言ってるかもしれないけど、今回かなり好きです。

そうそう、トータルプランニングはBIRDMANからずーっと手掛けて下さっているTUGBOATの多田琢さん。今年も名前がありました。
そしてアートディレクターはSmapからのSAMURAIの佐藤可士和さん。
今回のプロモーションのひとつとして、タワレコなど大型CDショップ等でSMAP新聞なるものが配布されている(地方にもあるのかは謎)らしいです。
「こういうの配りますよ~」って告知して配布しないところが、ファンだけに向けた広告じゃない感がしますよねぇ。
つーか、現物見たいけど!!(地方住みの嘆き)



web拍手 by FC2

テーマ:SMAP
ジャンル:アイドル・芸能

タグ:SMAP,Mr.S,